災害復興支援ボランティア

 9月17日~19日に、川崎市歯科医師会の災害復興支援ボランティア「微力は無力ではない」というツアーに参加してきました。

画像

参加者47名、中原区歯科医師会からも10名の歯科関係者が参加し残暑の中、宮城県牡鹿半島の鮎川地区で活動を行いました。
他のボランティアさんと共同で十八成浜海岸近くの空き地にある瓦礫を夏に伸びてしまった草を刈りながら撤去し分別する作業でした。

画像

普段は診療が終わった後、夜に会議などでお会いすることの多い先生方が暑い日中に汗だらけになってガテン系の作業をしている姿はなかなか新鮮でした。
当日200名以上のボランティアさんが同じ場所で活動をし、そこの復旧にむけて少しだけ前に進んだと思いますが、移動中に見た、人のいなくなった町、そして被害を受けた地域の大きさを考えると。

画像

今後も本当に息の長い多方面にわたる支援が必要なのだろうと感じました。



こらむ はえかわり 2011年9月 書いた人:TK


----------------------------------


中原区歯科医師会ホームページ
(PC)  http://www.nadic.jp/
(携帯) http://www.nadic.jp/i/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0