電動歯ブラシ(音波歯ブラシと超音波歯ブラシの選択法)

電動歯ブラシはハンドル部分に内蔵されたモーターでブラシ部分に前後運動・回転運動・上下運動・楕円運動やそのうちの2つを組み合わせた運動を作動させて短時間に刷掃出来るようにしたものです。
最近は音波や超音波が注目されていますが、以前からの回転式のものも上下運動を加えながら歯ブラシの形状も特殊なものを開発してよりきれいに磨けるようになっています。

(改良された歯ブラシの形状)
画像



今回は音波電動歯ブラシと超音式電動歯ブラシのどちらを選ぶかについてお話します。
画像
画像





































  音波電動歯ブラシ 超音波電動歯ブラシ
周波数 250~330Hz 1,600,000Hz
ストローク 30,000 ~ 40,000 /分 17,000 /分
振幅 2~5mm 0 . 2mm
原理

ブラシが1分間に 31,000 回の高速運動で発生する水流の力いわゆる流体効果で汚れを落とす

ヘッドから絶えず発振される 1,600,000Hzの超音波エネルギーが水の粒子(唾液) に作用してプラークを分解してきれいにする

利点

・毛先から 2 ~ 4 mm先まできれいになるステインや頑固な汚れに効果的に働く

・歯垢中にいるバイキンの繊毛を分解し歯垢を付き難くする(繊毛の変化)

画像
 

・超音波が毛先の届かない歯周ポケットに伝播して深い所にあるプラークも除去

・歯肉にストレスを与えない

・歯周ポケット内の細菌数が減る

・歯肉の炎症の強い方も使える超音波の振動を感じないタイプもある

・超音波のエネルギーは障害物があっても減退しない

欠点

・若干重く振動があるため手の力が弱い方には不向き

・流体効果は障害物があると減退し歯周ポケット内には届かない

・効果を実感できないこともある

(特に振動を感じないタイプ)

どちらの電動歯ブラシも歯牙にも歯肉にも効果はありますが、それぞれの特色を考えると
音波電動歯ブラシは主に歯の清掃に向いておりプラークの付き易い方やステインの着色しやすい方にお勧めです。
超音波電動歯ブラシは主に歯周病の方に向いており歯周ポケットの深い方や歯肉に炎症のある方にお勧めです。



----------------------------------



こらむ はえかわり 2009年2月 書いた人:Mi

中原区歯科医師会ホームページ
(PC)  http://www.nadic.jp/
(携帯) http://www.nadic.jp/i/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い